【スタッフブログ】2020年の振り返り〜Arteのピラティスとは?〜

こんにちは。pilates studio arteのトレーナー RUIです。
今年も、あと数日で終わりですね。今回は、2020年の振り返りと、Arteで学んだことをブログを通し、皆様にお伝えしたいと思います。

2020年は、ピラティスのトレーナーとして 第二の人生が始まりました!
今年の3月から研修が始まり 伊佐山師匠からレッスンの進め方、見立て、ピラティスの知識を、たくさん教えて頂きました。

3月頃から、新型コロナウイルスが蔓延し、世界が今まで体験したことがない状況になりました。今まで、当たり前にしていたことが出来なくなり、平凡な日々が1番幸せなんだと気づくことが出来ました。

マスク着用、アルコール消毒が日常になり、ソーシャルディスタンスを保ち、コロナに翻弄されながらもなんとか春を乗り越え、2020年6月より、Arteでレッスンデビューさせて頂きました。

初めてのデビューは、マスターストレッチのクラスでした。
1日4時間練習した成果を出す時が来ました。
最初のうちは、覚えたことをただ、キューイングするだけで精一杯。
お客様の癖などを見抜くことが出来ず、覚えたことを、忘れることなくレッスンしよう考えていたなと思い出しました。

徐々にマットピラティスのレッスンもデビューし、緊張して、頭が真っ白になることが何度かありました。
その理由は、自分のレッスンで「お客様の効果を出すことができるかな?」と不安になるからでした。それが次第にレッスンを通じて、不安が少しづつ解消されてきました。

それは、お客様との会話を通じて「ピラティスの本質」と「トレーナー(私)役割」を再認識することができたからです。
ピラティスは、ピラティスを行うだけで「身体の機能改善」になります。ピラティスの呼吸、ムーブメント一つ一つの動きが楽しくなります。

ピラティストレーナーは、動きの説明、号令をかけるという仕事内容だけではないと思います。お客様が話してるだけで、心が軽くなったり、身体の痛みを相談するだけで安心してもらえたりと、「心身の充足」の手助けしてくれる存在だと思いますし、私自身もそのような存在になりたいと改めて気づかせていただきました。

ピラティスさんの本でも、
『YOUR HEALTH』の冒頭で筆者は、

「心と体の完璧なバランスは文明人たるための特質である。そのおかげで原始的な部民族や動物よりも優位な立場に立てるだけではなく、人類の究極の目標【健康と幸福】を手に入れるために不可欠な身体的、精神的な力を与えてくれる。」

つまり、
心と体のどちらかが上ではないということだ。片方がもう一方を従属させることはできない。
ということです。

レッスンも一緒で、お客様と私がどちらかが、上ではなく、お互いのバランスで心地よいレッスンが出来るように、動きやすい補助ができるようにしていかなければな思います。
1つの目標に向けて、1時間の中で1つ出来ることが増えればいいのです。

私は2020年、Arteのトレーナーとしてレッスンを担当させていただきたくさんの学びと成長の機会をArteのお店、Arteに通ってくださるお客様に与えてくださりました。感謝の気持ちで一杯です。

来年も、皆様の、日常をサポート出来る様に一生懸命努力しますので、よろしくお願い致します。
良いお正月をお過ごし下さい。

Pilates Studio Arteトレーナー
RUI

関連記事

  1. 【資格コース】第10回besjマットピラティス資格コース開催…

  2. 【動画あり】資格講座雰囲気紹介!

  3. 【スタッフ紹介】ピラティストレーナー×理学療法士

  4. 【スタッフ紹介】ピラティストレーナー×理学療法士

  5. 【セミナー】ボディキー資格コース・ブラッシュアップセミナー

  6. 【新年ご挨拶】新春のお慶びを申し上げます。